練習日誌 粛々と

ロードバイクとマラソンのトレーニング日誌。復活したっぽいです

ノートレ/ 月刊 105 R7000 クランクとスプロケット

2020/08/10 月曜日

11時帰宅。

台風5号強風域に入って風が強い

10時から豪雨となった。

 

こどもは元気があまりまくって家庭内でも台風のようだ。育児でまったく身動きがとれない。21時にこどもは寝たが元気を吸い取られ自分も何もせず寝てしまった。

 

2020/08/08

 

実に2年ぶりの更新 月刊105 R7000。

月刊どころか年刊にもならない。

 

3世代前のFC-5600のチェーンリングがだいぶ削れてきて交換時期なのだが、10年前の製品のチェーンリングを探すより、クランクごと新品にしたほうがてっとり早いのでFC-R7000に交換。

 

FC-R7000 170mm、50-34

165mmでもよかったけど、パワーメーターの関係で170mm。別に不満ないし。

 

貧脚も成長せず50-34T。異論なし。

f:id:taisakovic:20200809173743j:image
見た目は時代の変化を感じますな。
f:id:taisakovic:20200809173657j:image

右側 523g
f:id:taisakovic:20200809173804j:image

左側ボルト込み 196g
f:id:taisakovic:20200809173826j:image

FC-6800+4iiii precision 206g

ボルト+保護目的の融着テープ付き
f:id:taisakovic:20200809173859j:image

FC-6800+4iiiiよりFC-R7000のほうが軽くなってしまった。

 

左右で720g。

肉抜き感あるw
f:id:taisakovic:20200809173842j:image

FC-5600 左右で846g
f:id:taisakovic:20200809173910j:image

3世代で126gも軽くなったのか。

 

比べるとけっこう手裏剣化している。
f:id:taisakovic:20200809173928j:image

 

スプロケットも同時に交換。

4月までCS-R8000 11-30Tを使っていたけど、5月の自己記録更新チャレンジのため、

決戦用につけいていたCS-R6800 11-28と交換。

姶良は勾配のきつい坂が多いので、11-30のほうが使い勝手がよく

結局決戦用には11-30つけっぱなし。

 

onixではもはや28Tはつらいとしか思わなくなったし、テレテレ乗るときのことも考えて11-30Tに。

 

CS−R7000 11-30

f:id:taisakovic:20200809173716j:image

新品はギンギラギン

294g 一応忘備録
f:id:taisakovic:20200809173727j:image
スプロケットについてくるこれが逸品。

捨てないほうがいい。
f:id:taisakovic:20200809174052j:image

ピン留めされた状態でフリーに合わせる。

  ↓

ピンの突起部とフリーの一番幅広の部位があうようにできているので合わせる

  ↓

ピンを抜く

  ↓

すると一気に歯が装填されるスグレモノ!!

 

トップの歯(11T)は間違って嵌めてもそのままフリーを削りながらはまり込んでしまうことがあるので、よく見て合わせましょう(※やらかし済み)


思ったほど黒は似合わなかった。

艶消し塗装だと油がつくとめんどくさいのでやめてほしい。
f:id:taisakovic:20200809174023j:image

乗ってみると軽さなんかまったく感じないけど、シフトにカッチリ感はあるかなあ。

そりゃ手裏剣と比べればね。

 

strava歴 17251km

 

ちなみにあとフロントディレイラーが残っており、交換するか迷ったが、あまりメリットもないのでやめた。

 

月刊105 R7000は今回で閉刊でござる。