練習日誌 粛々と

目標達成のため、パワートレーニング導入にともない練習記をつけることにしますた

心臓の検査を受けたお話

とはいっても病気ではなく、

たまたま知り合いに心臓超音波をしてもらっただけ。

 

LAD  (左房径:20-35)       40mm

LVDd  (左室拡張期径:40-55)    55mm

LVSTd (心室中隔壁:7-12)      13mm

EF       (駆出率:>55)         50%  

IVC (下大静脈径:10-15mmくらい?) 24mm 

 

簡単にみてもらったので、このくらいしか測定してないけど、正常上限というか下限というか、簡単にいうと心臓が大きいが駆出率が低い、下大静脈が太いということだった。

ひらたくいうとスポーツ心臓。らしい。

 

・心臓が大きい;心筋壁も厚くなり、心臓の容量も大きくなる

・駆出率低い;安静時はこの程度の駆出率で十分まかなえるってこと?負荷がかかるときちんと収縮するのか?

・下大静脈が太い:循環血液量の増加。

 

あと徐脈化するらしい。安静時心拍数42.

ちなみにヘモグロビンは14前後だった気がする。これは運動してても変わらなかった。

 

スポーツ心臓とかいわれるとちょっとうれしい。程度問題で大きい人はもっと大きいらしい。下大静脈径24mmというと、おじいちゃんならうっ血性心不全レベル。心臓ががんばっても、自転車で県内トップクラスにもなれなければ、マラソンで3時間切ることもできない。つくづく神様からもらわずに生まれてきたんだなと実感する。

 

一番足りないのは根性と努力だが。