練習日誌 粛々と

ロードバイクとマラソンのトレーニング日誌。復活したっぽいです

お仕事。STRAVAもサブスク時代に突入

5月19日 火曜日

6時半起床

53.5kg、体脂肪率 7.6%、筋肉量 46.8kg

体重は変わらなくなった。

今がインアウトの平衡状態なんだろう。

 

STRAVAからお手紙があって

今後はサブスクに注力するそうな。

そもそも広告も少なくてどうやって維持されているのかナゾだった。

 

その中で一部機能が無料からサブスクリプションに変更されるとのこと
 

①セグメントの全体リーダーボード(トップ10までは無料)

②セグメントエフォートの比較、フィルタリング、分析機能 
 ③ルート作成機能  

④ランニングマッチ機能 

Androidとウェブのトレーニングログ 

⑥月毎のアクティビティの傾向チェックと比較

 

どれもみんなに必要なわけではなさそうだしなくてもそんなに困らなさそう。

今まで無料だったものが有料になるのは痛く感じてしまう。

 

自分がSTRAVAで利用しているのは、①SNSとしての役割、②セグメントによる人や自分のパフォーマンスの比較

 

今は1年間summitに課金してフィットネスを見るくらい。

summitでトレーニングメニュー出しますって書いてあったけど、バイクはそんなのないしもうちょっと拡充させてくれよってところはある。

むしろソフトは無償で提供しているGARMINってすごい。ハードに上乗せしてるのか?

 

STRAVAはハードがないからサイコンでお金を回収もできないしつらいところだろう。そこにリソースを割かなくてよいのではあるけど。

 

STRAVAに特有の機能ってSNSとセグメントくらいだと思うし、上述のとおり自分の自転車/ランニング生活の中ではかなり大事な部分。この機能は無料でこなせないわけじゃないけど、STRAVAがなくなっては困るという立ち位置。

 

ほかの機能は他に無料ソフトで十分まかなえたり、むしろそっちのほうがよかったりする。

 

世の中ほんとサブスク時代。

ソフトにお金を払う時代。

 

自分のスタイルだと今後は自転車に乗るかぎりSTRAVAに課金し続けることになりそう。

 

年間契約で月額525円らしいが、今後値上がりしていくのかな??

潤うことでサービスが拡充されるならそれでよいと思う。

 

むすこの幼稚園は昨年、たいした説明もなしに、一方的に給食費が値上げされていた。

 

姶良は令幼稚園は完全売り手市場。幼稚園が少なく入るのが結構大変。息子の幼稚園はほぼ説明なく勝手に決められたりすることが多い。父兄から苦情も出るようだがどこ吹く風。

ご父兄の中に弁護士さんはいらっしゃいませんかー?と放送したい。

 

現在の給食費では十分な量をまかなえないとのことであったが、子供の話を聞いてみると給食費が上がったからといってメニューが変わったり量が増えたりしてはいなさそうなんだけど。

 

ひじきの五目炒めが主菜にされるようなメニューってどうなんだろう。

 

料金だけ上がってサービスは大して変わらないっていうのが一番堪える。