練習日誌 粛々と

ロードバイクとマラソンのトレーニング日誌。復活したっぽいです

BIKE 77.6km 集団ライドとハンガーノック

3月2日 土曜日

54.8kg, 体脂肪率9.8%, 筋肉量46.8kg

5時起床。

 

本日チームライド。7時半集合だったけど

ちと距離を稼ぎたかったので

 6時に出発しようとしたら、まだ暗かったので6時20分出発

 

 

cento1: 77.6km, 3時間21分、949m up, ave.23.1kph, TSS 209
f:id:taisakovic:20190302114622j:image

 

天気予報では朝9℃くらいで14℃くらいまで上がるという話だったので

 

春の装いで臨んだが、サイコン4℃とな。

 

 

春だったのは私の頭の中だけだったようだ。

さむい・・・

 

昨日のつかれもあって、脚はだるいし、腰と首は痛いし

 

ゆっくり遠回り19kmで集合場所着。

 

本日5人(*‘∀‘) ひさしぶりにまとまった人数

なんだか高揚感。

 

何ヶ月単位でお会いしてないがSTRAVAのおかげなのか、ひさしぶり感ゼロ。

 

雨が降りそうだったので、2時間くらいを目標に。山1個越えるルート

 

人数が多いと、楽なのか、つらいのかよくわからなくなる。

 

平地でローテ。なんかだんだん速くなってくる(;´Д`)

姶良ももっとローテーションできる地形だとよいのですが。

 

山間部に入って

・13% 600mのセグメント

2分ちょいで283W。坂の登り口はみんな速くて置いて行かれる。

なんとか最後で帳尻合わせ。

吐きそう。

 

・6% 2.5kmの登り


我らが総統が相当速くて、ついて行くのがやっと。

 

さいしょ1kmくらいポンポン300wとか表示されるんですが、いつまで続くんですかこれ?

 

勾配がきついと踏めなくて、急勾配のたびに遅れ気味

なんとかペースで追いついてをくりかえす。

 

あっぷあっぷだけど離れもしないくらい

太ももと股関節周りが苦痛

 

最後スプリントされたら即死だと思っていたが

のこり200mくらいでおタレになった?ようで、そのまま前に出れて先着。

身体中痛いし吐きそう。

 

総統的には、後ろに憑かれて様子を見られていて、ちょっと緩んだところでアタックされたと思われていたそうで

 

自分的には、ただただ、必死でくらいついていて、ペースで踏んでたら前に出れただけだったんだけど、自分とは思惑が異なっていたようで、なかなか興味深い。

 

人と競るのは心理的にもおもしろい

勉強になります。

 

確かに後ろに憑かれると、勝手にプレッシャーを感じる。

 

結果的にはただの我慢大会だったようだ。

追い込めてよかったのれす。

 

下のグラフを見てもアタックしたわけでなくだいたい一定

f:id:taisakovic:20190302213054p:plain

9分弱 4.5W/kg. 平均ケイデンス99!

心拍は182まで上がった。ここ1年の最高心拍。

 

せめて10分5倍出せるようにならんかな~

 

途中一回ダンシングしてみたが、きついだけだったので以後はシッティングでがんばって、最後だけダンシング。

 

やっぱり自分はフルガスの時にはダンシングが合わないらしい。

フルガスだとケイデンスが上がるのも多分性癖かと。

 

よくがんばったと思うけど

同時に今日はこれで私は終わったと確信。

 

あとはテレテレと後ろをついていって

 

登れば下らないといけないわけで

 

下れる人って、見ていて曲がるというより、コーナー切ってるって感じ

 

勉強になります。

できんけど。

 

今日も総統は強かった。穴がないんですよね。人格者ですし。

 

自分って1分とか3分がどうも弱い。遅れてしまう。下りもどうしようもないが。

 

平日トレーニングメイトのF氏も楽しそうで、目がキラッキラッしていた。

そういえば昨日も風ないのに追い風って言ってた。実に恐ろしい。

 

チームライドは楽しいですね

 

ここでいったん解散。

寒かったり、事前に走ったり、無駄にがんばったりと死亡フラグ満載な前半。

 

30kmくらいとちょっと少なかったのでおかわり君

 

ハンガーノックの話をしながら登っていたら、空腹感が出てきて

 

なんとか効果で気のせいかな~と思っていたが、力が入らなくなり、

 

これいかんやつや~(;´Д`)

こんな時に限ってジェルも昨日で使い切っていて

 

ハンドル持つのもきつくなり、脚の重さだけでペダル漕いで

 

頭の中は、ハラヘッタ→チカラ入らん→ヤバい死にそうの無限ループ。

若干意識遠め。

 

かろうじて頂上にたどり着いて

打ち上げられた魚みたいにピクピクになった

 

頂上でシリアルバーを1個わけていただいたけど

この世のものとは思えないほどうまかった。

 

頭は回復、ハンドルも握れるが、脚は踏ん張れるほどではなく、

予定を断念して帰路に就く。

 

助けていただいてありがとうございます。

今日も申し訳ありません

 

ハンガーノックってすぐには回復しないようで、そりゃフルームもペナルティーくらってでも補給するわって思った。

 

帰宅して爆食いしたけど、結局夕方くらいまで気分悪かった。

 

ハンガーノック。実に恐ろしい。

 

事故とケガには気をつけて

次回こそ大人のサイクリングを

 

 


f:id:taisakovic:20190302114643j:image