練習日誌 粛々と

ロードバイクとマラソンのトレーニング日誌。復活したっぽいです

BIKE 70km 、死ぬかとおもった話(無事ですね)

5月24日 木曜日

6時半起床。快晴

 

55.3Kg、体脂肪率11.8%、46.2kg

ハラはだいぶヘコんだ気がするが、体脂肪率はこんなもんか(´・ω・`)

 

木曜日は家族全員いないので、9時半からお外へ

1週間ぶりですな

 

onix;73.4km、2時間57分、ave. 24.7kph、TSS 197

GIROを意識して、長靴型のログにしてみましたw

 

SST 20分x3をやんわり意識して、登りは上げすぎず、それぞれ207W, 193W, 183W。3本目はL3になってしまった。

 

NP200Wくらいにしたかったけど全然届かず、50km過ぎたら脚が灼けてしまった。

 相変わらず持久力ない。

昨年のレベルまで上がりそうで上がらない・・・

 

山道の下りではゴミ収集車と正面衝突しかけた話

カーブミラーのないブラインドの左コーナー。道幅は車一台分。

 

自分のくだりのヘタレ加減は自覚があるので、ゆっくり左寄りを下ってたけど、本当にタイミングよく最悪のタイミングで対向車に出会った(森のくまさんが脳裏をよぎる)。

お互い曲がってビックリ

 

当然お互い急停車できるはずもなく。

ラッキーだったのは対向車がインベタではなく、20cmくらい余裕があったこと(+側溝分の空間)

 

しょうがないので、当たるか転倒を覚悟しつつ、その隙間にトライ。

これまたアンラッキーなことに路面が濡れていて、あえなく後輪がロック。

 

自分でもびっくりするぐらい、奇跡のスライドコントロールでゴミ収集車の脇をすり抜けた。まじ絶妙。車体斜め向いたままだったもんね!

車の運転手さんも心配してくれて、お互い気をつけましょうで無事終わった。

 

人間、こういうシチュエーションになると予想以上の力が発揮できるとか、まぐれを自慢したいのではなく、

こんな狭い道でどっちが悪いとかではなく、やっぱり気をつけないといけないと思った。

 

気をつけててもどうしようもないときもあるんだけど、油断せず用心しよう

 

ブラインドコーナーは怖い。(昼はライトつけててもわからないし)

 

自分が登るときも気をつけないと、登りはいつでもよけられそうな気がするし、きついときはどうしても意識があまくなるので、ついつい真ん中に寄ってしまいがちだけど、そこそこのスピードで対向車が下ってきたら避けるのは難しいだろう。

 

最悪死ぬし、ケガすると、仕事、収入、生活に影響する。軽傷ですんでも、嫁さんに自転車降ろされかねない(´・ω・`)

 

ということで忘れないよう。

ブラインドコーナーはゆっくり

・登りでも安全確認

・昼でも前照灯も赤色尾灯もつけましょう

・最後は南無阿弥陀仏

 

ほんと無事でよかった。(^_^;)

 

帰り着いたら32℃。暑い。

 

アイウェアに青虫がついていた。 

青虫ペダル
f:id:taisakovic:20180524145419j:image

・・・言ってみたかっただけです。