練習日誌 粛々と

目標達成のため、パワートレーニング導入にともない練習記をつけることにしますた

総合的にフロントは23c?というお話


2017 Critérium du Dauphiné 第4ステージ TT。

 

 

Tony Martinはフロント23c、GP4000S2のトレッドパターンを使用したコンパウンド違い?の特別クリンチャータイヤを使用したそうな。

www.cyclingweekly.com

 

元ネタはこっちで

www.cyclingweekly.com

タイヤの空力影響を考えたときに、① タイヤ幅、リム幅が80%、②タイヤのトレッドパターンが15%、③ホイールの回転速度が5%と考えられている。

 

エアロを考えると

①タイヤはトレッドパターンがあったほうがよい。

 そういう目的でデザインされたわけではないが、GP4000のサイドウォールのプロファイルは絶妙にいいらしい。

 

②タイヤ幅はリム幅より2-4mm細いほうがよい。

 ワイドリムですな

 

③30-35kphにおいて、転がり抵抗まで考慮してもGP4000s 前23㎜、後25mmがgood とのこと

 

F23mm /R25mmのattack & forceなんか理にかなってるな。

 

4月にcycling weeklyでこの記事を目にしてほんとかなーと思っていたらレースに使ってくるとはなんたるR&D魂!専用タイヤまで・・・

 

 この手の話はとても興味のあるところだけれども、あまり書くとまとめクソサイトみたいになるので難しい。

忘備録にたまにネタにするていどに。