読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

練習日誌 粛々と

目標達成のため、パワートレーニング導入にともない練習記をつけることにしますた

2016.05.22 第8回照葉樹の森サイクルジャンボリー②

 

taisakovic.hatenablog.com

 

レース編。

スタート地点で一旦停止。隣の人が立ちごけ

 

今年は途中交差点まで全面封鎖なので、スタートは道幅いっぱい使用可能。ここで隣にいた壮年の方と談笑。意外と近くの人だった。

 

【スタート~3.5km登り】

 スタート3.5kmまでは平均勾配4.7%。9分36秒

平均ケイデンス 93、平均心拍175 最大心拍180

 

スタート地点で2,3分待ってスタート。

目の前の選手がクリートキャッチをミスり止まる。つられて止まらざるを得なかった。

気をとりなおしてスタートする。

 ついていくつもりはなかったけど、鹿屋を中心とする先頭集団はサッサと行ってしまった。

 

まわりのペースにひきずられて、自分もペースが速く、心拍は175-180だった。

ここはよい集団に入るために、みんな踏んでいくので出し惜しみしても仕方ないところ。

周りのメンツをみて、この辺の集団ならいいやと、ちょっとサボってしまった。

結果9分50秒になり、2014年と比べると20秒くらい遅い。

 

しかもgarminのログがずれ、stravaのセグメントからはずれてしまう。

 

平坦区間 (3.5-13.4km花瀬公園まで)

10km、17分29秒、平均35km/h

平均ケイデンス 99、平均心拍172 最大心拍178

 

最初の坂を上りきると隣に1人いたので声をかけて回すことに。

1,2分引くと前の5人くらいの集団にジョイン。

回していこうと声をかけるがなかなか先頭交代してもらえず、ローテーションが回らない。

鹿屋の女の子も代わってくれなかった。もうちょっと頑張れよ、みんな。

 

平坦になってからは集団に追い付かれたり、追い付いたりしながら最終的に20人くらいの集団だったのではないかと思う。だいたい2013年と同じような展開。

 

声をかけてもローテーションもあまり回らなかったので右折前くらいであきらめて、先頭5-10番目くらいをキープした。

今回はちぎれそうになるとかいうことはなかった。成長したと思いたい。

 

平地とはいえ、自分も結構いっぱいいっぱいで心拍はずっと170以上。

向かい風だったと思いたい。 

花瀬公園手前の坂で一気に勾配が上がり、集団から千切れる。

自分のまわりにこんなに人がいるとは思わなかった。

 

しかも自分が一番最初にちぎれるという悲しい現実。

登坂力のなさを痛感。

 

平地はあまり2013年と変わらないくらいだと思うけど

花瀬大橋までで2013年より1分近くの遅れに。

 

その③へつづく

 

taisakovic.hatenablog.com