読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

練習日誌 粛々と

目標達成のため、パワートレーニング導入にともない練習記をつけることにしますた

第17回宮崎シーガイアトライアスロン 2015 ③

第17回宮崎シーガイアトライアスロン 2015 ③

バイク編

 

f:id:taisakovic:20150804002148j:plain

トランジッションでは、ついつい一息ついてしまう。

なかなか難しい。

 

ブリックトレーニングやトランジッションの練習はしておくべきと反省。

 

練習不足もあり、バイクはきつかった。

 

シーガイア前の道路は風も弱く、走りやすいが、

一ッ葉有料道路は横風がきつかった。特に復路は向かい風で

スピードが落ちた。

台風のせいか、潮風というか波しぶきがとんできた。

最後10kmは右大腿がぴくぴく攣りそうだった。

ごまかしごまかし走っていた。

 

暑かったせいか、心拍が全然下がらず、200Wはおろか、180Wでも

きつかったので、160W で走ることに。

ほとんど高低差のないトライアスロンのバイクパートは

一定のワットで走るいい機会。第一ランが速かった分、バイクは抜かれるばかりであった。それでも2年前より速いという、残念感満載のバイクパート

 

  • 人の後ろにつくと、2車身あけても10W-15Wくらい低くなる。

   ルールを守っても十分なドラフト効果を感じることができる。

 

 

バイクパートはマナーがひどいもんです。

まず自転車のホイールがはめられない人間がいる

  • 一生懸命なのかフラフラしている、挙句の果てに対向車線にはみ出す
  • 後ろから人が来てても気づかない
  • 後ろを確認せずに追い越しに入る
  • 追い越した後に、ボトルに手をかけ水飲んでペースが下がる。後ろは迷惑

 

 

タイム1h10m18s、40km, 獲得標高38m

speed;ave.33.8km/h、max 41km/h

cadence ave:99.5rpm、NP167.8W、

HR ave:173、max 178

 

f:id:taisakovic:20150804001352j:plain

 グラフ真ん中はトランジット付近に帰ってきたためスピードが落ちた

 

バイクの反省は

・相変わらずギアが踏めず、ケイデンス高い

・練習不足に尽きる。

・心拍を下げたかったが、暑さのせいか、まったく下がらず。ヘロヘロになる