練習日誌 粛々と

目標達成のため、パワートレーニング導入にともない練習記をつけることにしますた

次男誕生。またかぜをひく

2014年3月22日

3月8日以降全然トレーニングができず。

 

3月14日の仕事のため準備でその週はパー

 

その後、妊娠39週のヨメが子宮収縮が強くなり、3月16日入院、

 

母親がいないことにより長男のストレスは最大限。

実家からジジババに応援に来てもらうものの、父の負担は増加

なかなか長男が寝付けず、その間何もできず。

 

しかも、自分は仕事も忙しいことがかぶり、

 

風邪をひいてしまう。(´・ω・`)ショボーン

 

3月17日  昼から陣痛誘発。19時30分より全開大。

 

この日37.8℃、のども痛い。正直ほかのひとに風邪をうつしそうだったので

 

病院に近寄りたくなかった。*1

 

助産師さんにも「ちちはかぜをひいています!。」といったのに。

 

病院なら風邪の人を病棟とか、分娩室とかに入れないでほしい。

とは言いながらも結局周りに流され、立ち会いしてしまう。

扇風機がなく、 妻が暑いというのでひたすらウチワを扇ぐ。

 

こっちもフラフラ。

はやくでてこいーとせちに願う。

 

しかし回旋がうまくいかないようで分娩停滞。

しょうがないので吸引分娩にトラーイ

 

これででなければ帝王切開とか・・・

「は?まじで? ここから+2,3時間( ゚ε゚;)???」

気が遠くなった。

 

無事にでてきてくれー(膣から)と、祈りを込める   

 

幸い経腟分娩することができ、

 

 20時35分 第2子 (次男)が誕生。48.5cm、3210g

 

胎位がわるかったらしく、右手と頭がいっしょにでてきた。

びびった。よくでてきたな、と。

しかし子供が出てくるとうるうるしてしまう。

何回見ても感動する(*´∀`*)

立ち会いしてよかった、と一瞬だけ思った。

 

長男が生まれるまで結婚後7年を要したことを思うと、

2人目を授かったこと、たった2歳違いで生まれたことは、

ほんとに夢のようだ。ありがたいことです。

 

しかし、話はそんなにうまくいかず、産道裂傷代わりと深いらしく、

処置室での処置はムリ、手術室に行きまーすといわれ・・・

結局深夜1時に終了。

 

妻の労をねぎらい、帰ったのは3時・・・

そのご風邪は治らず。長男のストレスも爆発・・・

入院の妻の世話もあり・・・・

仕事もいそがしく・・・

 

世の父親たちはたいへんなんだと実感する。

もちろんトレーニングなんかできない。

ぜひとも可能なら里帰り出産してほしいと思った1週間であった。

ひとまえでは絶対に言えないけどΨ( Φ∀Φ)Ψ

もちろんがんばった妻、子、産科の先生、助産師さん、両親には

大変感謝です。

 

*1:;゚Д゚)

 

きついので分娩の立ち会いもしたくなかった。(((;゚Д゚