練習日誌 粛々と

目標達成のため、パワートレーニング導入にともない練習記をつけることにしますた

第34回 いぶすき菜の花マラソン 2015 ①

2015年1月11日 第34回 いぶすき菜の花マラソン

実に4年ぶりの参加。

 

1か月前の青島太平洋マラソン以降80kmしか走れておらず、体重も絞れず、腸炎にもなり、調子もいいのかよくないのかわからない状態で、はっきり言ってテンションが全然上がらない。

 

インターバル1か月のマラソンは厳しいことをひしひしと感じた。

 

朝6時半起床。地元なのでゆっくり寝ていることができた。

朝食に食パン2枚、リンゴ。7時半に軽量化を行う。

会場へは自転車で移動

 

気候

 

快晴。朝6:30 4℃。 スタート時(9時) 12℃。 ゴール時 (12:30)は16℃ほどと、暖かく走りやすい天気だった。

 

装備

 

帽子            adidas ランキャップ

アイウェア rudyproject マグスター impactX レッド

シャツ   nike ランT

アンダー  craft クールメッシュアンダー

アームカバー castelli nanoflex アームウォーマー

パンツ   nike ランニングパンツ 7インチ

靴下    Tabio 5本指

シューズ  adizero takumi sen

flipbelt、 アミノバイタル 2本

 

会場

 

8時に出発。8時20分会場入り。自転車のおかげで道は混まずに済んだ。車は時間ぎりぎりだとかなり大変だろう。

 

体育館に荷物を預ける。19000人参加となると人がごった返していた。これは致し方ないところか

 

8時半にスタート地点に並ぶ。スタートは申告タイムごと。申告タイムでゼッケンの色を変えてある。 サブ3、サブ3.5、サブ4はバリケードを用意してあり該当するゼッケンをつけていない人は入れないようになっていた。これはよかった。

 

スタート地点で待つこと30分。今年から抽選はスタート前に行われることになり、ゼッケンでなく、順位で当選を決定するシステムに変わった。

当たらないことに変わりはないが、抽選会を待たなくてよいので、この点は評価できる。

 

5分前に川内選手のインタビューが終わり、カウントダウン、

 

9時スタート。サブ3.5のスタートは、号砲から10-20秒ほどで動き出した。タイムラグが少なく、比較的スタートしやすかった。

 

その②につづく